子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点

子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点

シングルマザーが薬剤師として転職するときには、子供が小さいうちにはさまざまな注意点があります。人数が少なかったり、働くママに理解がない職場は働き続けるには難しさがあります。理解がある職場を探すことが重要なポイントとなります。

子供との生活を考慮して情報収集する

記事のイメージ画像

シングルマザーで薬剤師として転職するときには、夜勤がないところを選ぶようにします。注意点として子供が小さいときには夜勤なしを条件に含まるようにします。生活費だけでなく、子供の将来のことを考慮してパートではなく正社員の求人を見つけるようにします。パートのメリットは定時で帰宅できることが多いですが、収入面と安定を考慮するときには正社員としての働き方をするようにします。子供が小さい場合には託児所が完備されているかも重要なポイントです。経済面や体調面など子供を抱えながら生活するためには情報収集をして求人を探すようにします。

利用できる制度とコンサルタントの利用

シングルマザーとして受けられる制度があります国の制度の場合には生活保護制度がありますが、毎月の収入が最低生活費を下回っているときに利用できる制度です。ひとり親家庭には医療費助成制度もあります。ひとり親の家庭に保護者や子供の医療費を市町村が負担してくれますが助成内容は地域によって異なります。薬剤師は資格が必要で、収入もある程度高く求人も数多くあり恵まれている職業です。ただし、子供が小さいうちは体調を崩しやすく早退や休まなくてはいけないこともあります。注意点としては、働く人数が少ない調剤薬局や働くママに理解が少ない職場では仕事を続けることが難しい職場もあるため、コンサルタントを利用して個別対応してもらうことがおすすめです。

優先順位を決めて情報を収集する

薬剤師として転職する場合には、勤務条件に優先順位するようにします。条件はすべてが叶えることは難しいですが、条件を付けておくことによって求人を探しやすくなります。シングルマザーとして働く場合には勤務時間や休日、勤務場所は注目する条件となってきます。求人を探すときには、長く勤めるためにも実際の職場の雰囲気や人間関係の情報収集も必要となります。実際に見に行ってチェックをすることもできますが、忙しいシングルマザーにはコンサルタントを利用がおすすめです。コンサルタントは的確な情報を持っていますし、必要ならば自分の代わりに先方に確認もしてくれます。

まとめ

子供をかかえて一人で育てるためには制度などもありますが、収入が高い薬剤師はなかなか利用することが難しいです。薬剤師として正社員として生活面や収入面の安定させるためにも転職するときには条件と情報収集をすることが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

シングルマザーが薬剤師の転職で失敗しないためのコツ
薬剤師の転職は履歴書でどのように自分をアピールするかが重要
薬剤師が転職するときに気になる回数
薬剤師の転職で高収入の仕事を探す時は経験を活かせる職場を選ぶ事が重要
薬剤師が転職でキャリアアップするときの職場
シングルマザーの方が安心して働ける薬剤師転職の進め方に注目です
シングルマザーの薬剤師の方が託児所がある職場を探すなら転職サイトを利用しよう
薬剤師の転職活動を始める前に面接対策は大事です
薬剤師30代女性が転職する際のポイント
薬剤師の転職を成功させるための志望動機の決め方のコツ
転職で時短勤務を考える薬剤師は多い
薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア
薬剤師が転職で気を付けることは目的や待遇
出産後も安心して仕事を続けられる薬剤師転職も大切です
薬剤師の転職の決め手となった理由
薬剤師転職をするときには同業者のアドバイスを聞く
結婚後に成長機会を求めて薬剤師転職をする事にも注目です
勤続年数何年で薬剤師は転職した方がいいのか
女性薬剤師の転職を成功させるコツ
薬剤師の転職を成功させる職務経歴書の書き方のコツ!
シングルマザーの薬剤師の方が正社員で探したい場合にオススメしたいのが転職サイト
より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう
仕事と子育ての両立がしやすい薬剤師のパート募集情報を探す転職に注目です
薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に
医薬分業が普通になってきたことの影響