薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に

薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に

長い時間を医薬品の学びに費やして取得をした薬剤師資格を生かして、新たな職場で活躍をしたいと考えるのであれば、転職をするタイミングはこれからの人生を左右します。いつ行動を起こしても同じことはなく、1年間のうちでは求人広告の出される多さに違いがあるので、求人が多い時期に行動は開始することです。

年の初めから3月は求人数がアップ

薬剤師という特別な国家資格を持つ者の転職はタイミングが大事であり、世の中の求人が増加する時期を狙うことです。年間を通してあらゆる求人情報は出ているので、1年間の間では大差がないようなイメージがありますが、時期によって打ち出される求人件数には違いがあります。何も考えずに仕事を辞めてしまうと、求人数の少ないシーズンに当たってしまって、次の職場探しに苦労をすることになりかねません。職場を移る気持ちを実現するには計画性が大事ですし、1月から3月の求人増加時期を逃さないことです。年初めの1月から桜舞い散る3月にかけては、なかなかないほどの求人数に恵まれますので、計画性を持っての行動を実行するには最適な時期になります。

ボーナスをもらってから職場を去ることも

薬剤師として少しでも有利に転職を叶えるタイミングとして、ボーナス支給後にするのは賢い決断です。現職場でもう少し頑張るにしろ、新しい職場で心機一転仕事を開始するにしても、労働を提供する目的はお金ですから、ボーナスはもらってから移動をしたいと考えるのはいけないことではありません。企業に勤務をしていてボーナスがもらえる時期は、一般的には12月と6月あたりですから、ほかの職場に移るのであれば7月か1月以降です。現代では企業も多様化しているので、ボーナス時期がかなり変動的なこともあります。ひとつだけ就業規則で確認をしておくべきなのは、退職前でもボーナス支給はあるかです。

職場のことを考えて数ヵ月前には伝えること

国家資格の薬剤師のライセンスを持つ者が転職を考えるとき、現職場に迷惑をかけないことも必要です。誰でもできる仕事内容ではないので、本人が今までしてきた業務を引き継ぐ有資格者が必要になりますし、ある程度は育てておく必要もあります。無知識で誰でもできる業務ではないだけに、会社側としても後任を早急に求人をかけて探さないとなりませんし、今まで本人が行ってきた仕事の引継ぎもしなければなりません。職場には絶対に迷惑はかけられないので、話を切り出すのであればタイミングは、余裕をもって3ヵ月前がベストです。この資格を持つ業界は広いようで狭いですから、去り際まで美しくしておくのが、後々自分のためにもなります。

まとめ

薬剤師として転職を成功させるタイミングは、有利な時期や年齢なども関わります。ですが年齢や時期にとらわれなくても、本人が辞めたいと思い立ったらその時期を逃さないで、年間を通して求人のあるドラッグスオアなどもチェックしてみることです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

シングルマザーが薬剤師の転職で失敗しないためのコツ
薬剤師の転職は履歴書でどのように自分をアピールするかが重要
薬剤師が転職するときに気になる回数
薬剤師の転職で高収入の仕事を探す時は経験を活かせる職場を選ぶ事が重要
薬剤師が転職でキャリアアップするときの職場
シングルマザーの方が安心して働ける薬剤師転職の進め方に注目です
シングルマザーの薬剤師の方が託児所がある職場を探すなら転職サイトを利用しよう
薬剤師の転職活動を始める前に面接対策は大事です
薬剤師30代女性が転職する際のポイント
薬剤師の転職を成功させるための志望動機の決め方のコツ
転職で時短勤務を考える薬剤師は多い
薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア
薬剤師が転職で気を付けることは目的や待遇
出産後も安心して仕事を続けられる薬剤師転職も大切です
薬剤師の転職の決め手となった理由
薬剤師転職をするときには同業者のアドバイスを聞く
結婚後に成長機会を求めて薬剤師転職をする事にも注目です
勤続年数何年で薬剤師は転職した方がいいのか
女性薬剤師の転職を成功させるコツ
薬剤師の転職を成功させる職務経歴書の書き方のコツ!
シングルマザーの薬剤師の方が正社員で探したい場合にオススメしたいのが転職サイト
より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう
仕事と子育ての両立がしやすい薬剤師のパート募集情報を探す転職に注目です
子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点
医薬分業が普通になってきたことの影響