薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア

薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア

薬剤師資格を有利に生かせる転職先としてドラッグストアを選ぶことで、これまでよりも年収を上げる期待は持てます。半面でストア勤務はそれだけタスク量も多くなりますし、シフト勤務の関係で週末も出勤をしたり、夜遅くまで勤務をすることもあるので、事前に勤務時間は確認が必須です。

調剤薬局勤務よりも年収を上げたいならば

薬剤師に資格を活かしてドラッグストアへ転職することのメリットは、年収のアップが期待できる点です。これまでずっと調剤薬局で勤務をしていた人であれば、職場が変わってからの年収の高さに満足のいく数字が期待できます。一般的な調剤薬局の年収はだいたい530万円前後と言われていますが、ドラッグストアはそれを上回る700万円くらいですから差は大きいです。なぜこれだけ年収が上がるのかのアンサーの一つは、勤務時間が長いことが挙げられます。体力があって時間はいくらでも仕事に費やせる人の場合は、年収をメインに考えての職場として向いている場所です。

一般用医薬品の知識もついて説明もしやすくなる

薬剤師の転職先としてドラッグストアを選ぶことにより、OTCの知識を得られることができます。一般的な調剤薬局で取り扱うのは、病院で医師が処方をする処方箋にとっての医薬品の調合ですから、OTCの知識に触れる場がありません。しかし職場が変わってOTCの医薬品を数多く取り扱う店舗に勤務するとなれば、毎日あらゆるOTCに触れるので知識はメキメキとつくので働く上での強みです。調剤薬局ではできなかった一般用医薬品の知識のストックができるので、OTCの説明もサクサクできるようになります。処方箋を持って患者さんがやってくる調剤薬局とは違い、体調のレベルも異なるあらゆるお客さんが来る場所ですから、様々な症状に適した医薬品の説明ができるようになるのもメリットです。

医薬品以外の健康食品類のことまで把握を

薬剤師がドラッグストアに転職をして、あらかじめ覚悟はしていても驚くのが、課される業務内容の多さです。これまで調剤薬局で働いてきた人であれば、処方箋に沿っての送りの調合と患者への説明でよかったものの、ストア勤務ではタスク量が全く異なります。数多くの医薬品を取り扱うのが調剤薬局ではありますが、ストア勤務の場合は調剤薬局よりも、医薬品取扱数は倍以上です。覚えなければならない医薬品の数も多くなりますし、医薬品以外にも健康補助食品や栄養ドリンクなど、成分的なことや効能に飲み合わせなども勉強をしておかなければなりません。

まとめ

薬剤師としてあえてドラッグストア勤務を転職先に選ぶことで、一般医薬品の知識量は格段に増えます。調剤薬局では見なかったようなOTCの販売があるので、知識も増えてよりお客さんの質問にも答えやすくなりますし、自分の力や自信にもなる職場です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

シングルマザーが薬剤師の転職で失敗しないためのコツ
薬剤師の転職は履歴書でどのように自分をアピールするかが重要
薬剤師が転職するときに気になる回数
薬剤師の転職で高収入の仕事を探す時は経験を活かせる職場を選ぶ事が重要
薬剤師が転職でキャリアアップするときの職場
シングルマザーの方が安心して働ける薬剤師転職の進め方に注目です
シングルマザーの薬剤師の方が託児所がある職場を探すなら転職サイトを利用しよう
薬剤師の転職活動を始める前に面接対策は大事です
薬剤師30代女性が転職する際のポイント
薬剤師の転職を成功させるための志望動機の決め方のコツ
転職で時短勤務を考える薬剤師は多い
薬剤師が転職で気を付けることは目的や待遇
出産後も安心して仕事を続けられる薬剤師転職も大切です
薬剤師の転職の決め手となった理由
薬剤師転職をするときには同業者のアドバイスを聞く
結婚後に成長機会を求めて薬剤師転職をする事にも注目です
勤続年数何年で薬剤師は転職した方がいいのか
女性薬剤師の転職を成功させるコツ
薬剤師の転職を成功させる職務経歴書の書き方のコツ!
シングルマザーの薬剤師の方が正社員で探したい場合にオススメしたいのが転職サイト
より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう
仕事と子育ての両立がしやすい薬剤師のパート募集情報を探す転職に注目です
薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に
子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点
医薬分業が普通になってきたことの影響