薬剤師30代女性が転職する際のポイント

薬剤師30代女性が転職する際のポイント

薬剤師が転職を決意する際に、30代という年齢や女性という性別が特にハードルとならないと言われています。ただし、不用意に職を変えてしまうと後悔してしまうかもしれませんので、どんな点に注意すべきかまとめていきます。

30代の転職活動に有利な職種とは

一般の転職事情に照らしてみても、薬剤師は専門職ということもあり有利な求人を得やすい傾向にあります。特に30代は他の職種に比べて転職先が見つけやすいというメリットがあります。なぜなら、数年の実務経験を積んでいる年代であり、会社側からみても即戦力が期待できるため、年収アップが望めるのが特徴であるからです。また、調剤薬局、ドラッグストアや病院など薬に関する職種の全てが転職先の対象にできる強みがあります。さらに女性のケースであっても同様であり、他の職種のように特に不利になることもありません。結婚、出産などでのブランクがあっても、復職しやすい職種でありライフスタイルい合わせた働き方ができるのが嬉しいポイントです。

薬剤師が職場を変えたいと思う理由とは

記事のイメージ画像

転職を決意する理由には、様々なものがありますが主なものには、年収や待遇面の不満や職場の人間関係の不調の他、自分のキャリアプランに従って他の職種の経験を積むためというものもあります。いままで、経験のしたことのない職種へ移ることで、自分のスキルを研いたり、キャリアを積むことができるからです。また、女性であれば、結婚を機に現場が遠ざかっているケースもあるでしょう。例えば、待遇面で言えば、新卒から病院勤務となっている場合、途中で調剤薬局に勤めを変えると年収アップできる可能性がありますので、適齢で検討する価値があります。結論とてしては、年齢に応じてライフスタイルが変化したり、知識や経験をより身に付けたいと希望するような場合に、薬剤師は比較的容易に希望通りの職場を見つけることが可能です。

後悔しないための職場探しのポイント

職探しに有利な職種であると言っても、準備不足のままで行動してしまうと後悔してしまうかもしれません。したがって、職を変えたいと考えたその動機や転職先での仕事について、しっかりと具体的なイメージを持つことができるかがとても大切です。特に30代の転職ともなると、十分検討しておくことが重要です。年収アップが目的なのか、スキルアップが目的なのか等、目的によって職場のジャンルが異なってきますので、長期的視野に立ってキャリアプランを見つめ直しておきたいところです。女性の場合、育児が一段落ついて復職を望む場合も、ワークライフバランスを考慮して無理のない職場を見つけることが大切です。

まとめ

薬剤師は、資格職ということもあり、転職がしやすい職種です。職探しが難しいと言われている30代であっても、女性であっても特に問題となることもなく求人がみつかるでしょう。その際に後悔しないためにも、ライフスタイルやキャライアプランにしっかり向き合って職探しをすることが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

シングルマザーが薬剤師の転職で失敗しないためのコツ
薬剤師の転職は履歴書でどのように自分をアピールするかが重要
薬剤師が転職するときに気になる回数
薬剤師の転職で高収入の仕事を探す時は経験を活かせる職場を選ぶ事が重要
薬剤師が転職でキャリアアップするときの職場
シングルマザーの方が安心して働ける薬剤師転職の進め方に注目です
シングルマザーの薬剤師の方が託児所がある職場を探すなら転職サイトを利用しよう
薬剤師の転職活動を始める前に面接対策は大事です
薬剤師の転職を成功させるための志望動機の決め方のコツ
転職で時短勤務を考える薬剤師は多い
薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア
薬剤師が転職で気を付けることは目的や待遇
出産後も安心して仕事を続けられる薬剤師転職も大切です
薬剤師の転職の決め手となった理由
薬剤師転職をするときには同業者のアドバイスを聞く
結婚後に成長機会を求めて薬剤師転職をする事にも注目です
勤続年数何年で薬剤師は転職した方がいいのか
女性薬剤師の転職を成功させるコツ
薬剤師の転職を成功させる職務経歴書の書き方のコツ!
シングルマザーの薬剤師の方が正社員で探したい場合にオススメしたいのが転職サイト
より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう
仕事と子育ての両立がしやすい薬剤師のパート募集情報を探す転職に注目です
薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に
子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点