より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう

より高い時給を望むなら派遣社員薬剤師として転職しよう

日本社会はまだまだ男性優位なところがあり、収入を男女で比較してみると女性の収入はかなり少ないことがほとんどです。中には教員や公務員のように男女で差がない職種もありますが、こと一般企業では女性の収入は低く抑えられています。

女性の収入が男性よりも少ない理由

記事のイメージ画像

女性が男性よりも収入が少ない理由としてもっとも多いのが、家庭と仕事を両立する役割を担っているためです。その結果、どうしてもパートタイムやアルバイトなど、あらかじめ時間を決め、入れる時間だけ働くという方法になるため、月給よりも給料が安くなってしまうのが一番の理由と考えられます。とはいえ、妊娠、出産は女性にしかできないことですので、男性はしっかりと外で働いて稼いでもらい、女性は家事とバランスがとれる範囲で時間給で働いて収入を得るというのが、ほとんどの家庭で一般化している収入の得方と言っていいでしょう。

国家資格保持者となると話は変わってきます

昨今、女性に稼げるだけの力があるなら、我慢して結婚生活を続ける必要はないという考え方をする人も増えています。その結果、シングルマザーとして働き、子供を育てる女性が珍しくなくなりました。もし、薬剤師という国家資格を持っているのであれば、パート雇用でも時間給にして2000円は堅いと思われることから、フルタイムで入れば男性の稼ぎとそう変わらないくらいになるでしょう。さらに奥の手として知っておきたいのが、まず派遣会社に登録して派遣社員になってから転職するということです。これによって、さらに時給が400円程度アップしますので、一か月分となるとかなりの差になってきます。

派遣会社を間に挟むメリットもある

まだまだ薬剤師は売り手市場ですので、人手を求めているところがたくさんあります。派遣会社も、病院や調剤薬局、ドラッグストアに企業といったさまざまなところから人手の派遣を求められているはずですので、派遣社員にならないのはもったいないと言えます。シングルマザーとして働くのであれば、子供に関する用事で仕事を休みたい日も出てくるでしょう。そんな時は、登録している派遣会社を通して交渉してもらうことができるというところも、大きなメリットです。仮にそれで契約更新がされなくても、国家資格を持っている限り、次の転職先はすぐに見つかるはずです。

まとめ

シングルマザーとして子育てをしながら収入を得るのは大変ですが、薬剤師資格を持っているとなると話は別です。より高い時給を得るために、まずは派遣会社に登録して派遣社員になってから転職先を探すのが時給もアップしておススメです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

シングルマザーが薬剤師の転職で失敗しないためのコツ
薬剤師の転職は履歴書でどのように自分をアピールするかが重要
薬剤師が転職するときに気になる回数
薬剤師の転職で高収入の仕事を探す時は経験を活かせる職場を選ぶ事が重要
薬剤師が転職でキャリアアップするときの職場
シングルマザーの方が安心して働ける薬剤師転職の進め方に注目です
シングルマザーの薬剤師の方が託児所がある職場を探すなら転職サイトを利用しよう
薬剤師の転職活動を始める前に面接対策は大事です
薬剤師30代女性が転職する際のポイント
薬剤師の転職を成功させるための志望動機の決め方のコツ
転職で時短勤務を考える薬剤師は多い
薬剤師の転職先として年収アップを狙うのであればドラッグストア
薬剤師が転職で気を付けることは目的や待遇
出産後も安心して仕事を続けられる薬剤師転職も大切です
薬剤師の転職の決め手となった理由
薬剤師転職をするときには同業者のアドバイスを聞く
結婚後に成長機会を求めて薬剤師転職をする事にも注目です
勤続年数何年で薬剤師は転職した方がいいのか
女性薬剤師の転職を成功させるコツ
薬剤師の転職を成功させる職務経歴書の書き方のコツ!
シングルマザーの薬剤師の方が正社員で探したい場合にオススメしたいのが転職サイト
仕事と子育ての両立がしやすい薬剤師のパート募集情報を探す転職に注目です
薬剤師として転職をするタイミングは求人数の多い時期に
子供を抱えて薬剤師として転職するときの求人を探すときの注意点